クロの日記的ななにか

日常の出来事や気になったニュースなどを調べて感想を交えて書いています。

トップページ ライトノベル> 異世界食堂がアニメ化してた!小説家になろう作品


異世界食堂 2
犬塚惇平
主婦の友社
2017-06-27


社会人になって見る機会が若干減りましたが、私の暇つぶしの1つはネット小説を読むことです。

最近はネット小説が元のアニメ作品が増えていますよね~

『オーバーロード』とか、『魔法化高校の劣等生』とか

最近はどんどん書籍化して成功すればアニメ化、失敗すれば打ち切り等、ネット小説が使い捨てされているのがちょっと悲しいんですけどね( ;∀;)

書籍化するとネットの方の更新が滞るので(^^;)

現在放送中のアニメ『異世界食堂』はそんな中生き残った作品で面白いのでオススメですよ!




異世界食堂

オフィス街に程近い商店街の一角、犬の看板が目印の雑居ビルの地下一階にその店はある。 黒い猫の絵が描かれた扉の食堂「洋食のねこや」。 創業五十年、オフィス街のサラリーマンの胃袋を満たし続けてきた。 洋食屋といいながら、洋食以外のメニューも豊富なことが特徴といえば特徴なごく普通の食堂だ。 しかし、「ある世界」の人たちにとっては、特別でオンリーワンな一軒に変わる。 「ねこや」には一つの秘密がある。 毎週土曜日の店休日、「ねこや」は“特別な客”で溢れ返るのだ。 チリンチリンと鈴の音を響かせやってくる、生まれも、育ちも、種族すらもばらばらの客たちが求めるのは、世にも珍しい不思議で美味しい料理。 いや、オフィス街の人なら見慣れた、食べ慣れた料理だ。 しかし、「土曜日の客たち」=「ある世界の人たち」にとっては見たことも聞いたこともない料理ばかり。 特別な絶品料理を出す、「ねこや」は、「ある世界」の人たちからこう呼ばれている。 ―――――「異世界食堂」。 そして今週もまた、チリンチリンと鈴の音が響く。
引用元:ヒーロー文庫

私は異世界を冒険するみたいなファンタジー小説をよく見るのですが、たまにほのぼのとした作品を見るんですよね~

私がこの作品が好きな理由は、主人公?が作った料理を食べたお客の感想が面白いからですね~

お客が基本的に異世界の住人なのがいいですね!

出ている料理も『エビフライ』や『カレーライス』、『メンチカツ』など、ごくごく普通の料理が多く、それ初めて食べた異世界の人が気に入って褒め称えるところ特に好きです!

感想が素直に料理のことを説明していることもありますが、知らないからこその反応ってみるの好きなんですよね~

これは自分の正体を隠している主人公がそれをばらすシーンが好きなのと同じ感じかもしれません(笑)

水戸黄門しかり、暴れん坊将軍しかり(どっちもアニメじゃない(笑))

作品としてはオムニバス形式なのかな?

お客ごとにお店に来るまでのパートと料理を食べた感想パートの2つで構成されています。

視点のほとんどがお客側からなので『異世界』とはついてますが、『異世界』が私たちの世界なのも新鮮でしたね~

好みのジャンルは

私はファンタジー小説が好きです!

『オーバーロード』も『魔法化高校の劣等生』もファンタジー小説ですね!

ただし主人公が最強・万能なのは好きじゃないですね~

何か問題が起きた時に「俺なら余裕だけどな!」的なことを言われるとイラッとします(笑)

まあ、『オーバーロード』は主人公最強+ほぼ万能ではありますが、中身がごく普通のサラリーマンなんで立派な上司を演じながら、内心ビクビクしているのがギャグになってて面白から問題ないです!

う~ん、何がどう面白いか書くのってホント難しいなぁ~

ブログランキングに参加しています!
クリックお願いします~

    にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
人気ブログランキング   にほんブログ村

<スポンサーリンク>

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

↑このページのトップヘ