クロの日記的ななにか

年間150万貯めたい平成元年生まれの会社員が給料と家計簿、投資などお金やポイント、日常のことをチマチマ書いてます。

トップページ お金の話題お金の悩み』 >年賀状なんていらない!デジタルネイティブならぬアナログネイティブの人たちで終わり?

このエントリーをはてなブックマークに追加

今年も後2ヶ月で終わりを迎えますね


とうとう年賀状を意識する時期になってきましたが、今の時代どれくらいの人が年賀状を出しているんでしょうね


私の両親は毎年年賀状を出しているみたいだけどこの風習も親世代までじゃないかななんて思ってます。


事実、私を含め周りで年賀状を出している同世代の人はかなり減ってきおり、惰性で出している人もいたけど、Lineで返事が来たなんていう話も聞いたことがあります


それに年賀はがきの値上がりも酷く出す人数によってはとんでもない値段になります。


私が最後に年賀状を出したのは中学3年生でその時ですら書くのが面倒で仕方がなかったし、どうせ冬休みが終わればまた毎日顔を合わせるんだからその時に言えばいいじゃんと思ってました。


高校生になるとかなり年賀状離れが加速して、人生で初めて買ってもらった携帯でメールで新年のあいさつをしていました。


そっちの方が遥かに早く楽だったからです。


そもそも年賀状を出す意味が当時からよくわかっていませんでした。


年賀状って『新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします』という文言とちょっとした1文を付け加えただけで内容が全くないものが多かったような・・・


社会人になったら年賀状やお歳暮を出すのが当たり前なんだと思ってましたが、いざなってみるとそういう風習は全くなく余計に年賀状の存在価値に疑問を抱くようになりました。


今では日本郵政が金儲けするためだけに売り出しているくらいにしか思っていませんが、年賀状の風習もアナログ時代を生きてきた高齢者たちがやらなくなると廃れていくんじゃないかなと思ってます。


以前見たニュースでは終活を始めた高齢者が年賀状を徐々にやめているということで、これからは加速度的に廃れていくと勝手に思ってます。


今年は自宅に年賀状を買ってねという感じのチラシが来てましたが、当然いらないのでゴミ箱にポイしました。


そもそも住所を知っているくらい中がいい人はLINEや電話番号も知っているのでわざわざ年賀状を出す意味がないので全くメリットを感じませんね


いったい年賀状を出すメリットとは何なんだろうか・・・

ブログランキングに参加しています!
気まぐれでポチってね!


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

<スポンサーリンク>

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

↑このページのトップヘ