クロの日記的ななにか

年間150万貯めたい平成元年生まれの会社員が給料と家計簿、投資などお金やポイント、日常のことをチマチマ書いてます。

トップページ お金の話題貯蓄』 >貯蓄の目的はなに?30年間で30年分の生活費を貯めねば!

このエントリーをはてなブックマークに追加

私が60歳になるころには遅くら定年は70歳くらいになっているでしょう。


将来的に大幅な昇給が見込めるわけじゃないので少なくとも60歳までは働くのは仕方がないと思ってるけどそれ以上は流石に働きたくない!


かくいう私の父親も来年定年を迎えますが、雇用延長や再就職をすることなく定年できっちりと仕事を辞める予定です。


私の父は出世こそしていませんでしたが、結構な人が聞いたことがある企業に勤めていたため退職金はそこそこ出るようで多少の貯えと合わせると老後の心配はそこまでしなくてもいいようです。


なら私はどうなのかと考えてみましたが、昔と違い社会全体として給料が上がる見込みはそこまでなく、さらに先輩社員に話を聞いたところ退職金もそこまで多くないです。


1,000万円も貰えるかどうか怪しいらしい( ;∀;)


そもそも私たちが定年になるころ退職金がまだ出るかどうかすら疑問に思っています。


そうなると自力で何とかしなければと思い始めたのが28歳の時。


それから貯金を始めて2年4ヶ月くらいで360万円くらいまで増えましたが、まだまだ全然少ないです。


今年からは年間150万円の貯蓄を目標としてましたが、2019年間の年間貯蓄額は109万円くらいなので冬のボーナスがでさえすれば何とか到達できそうです!


このペースで60歳までの30年間で90歳までの30年分の資産を気づき上げなければならないのですが具体的にどれくらい必要か考えてみました。


私の体は強くないので長生きしても90歳だと勝手に仮定しております(笑)

60歳から30年間の生活費は?


<スポンサーリンク>

30年間の生活費を考えてみたものの正直よくわからないっていうのが現実。


現在のそこそこ健康な現状でも月々15,6万円の支出ですが、定年した場合家賃補助がなくなるので2万円くらい上がると考えられます。


ただ交通費や車の維持費などがかからなくなる可能性もあるのでやっぱり約15万くらいなんじゃないかと思ってます。


医療費とかの予想外の出費が入ってくると思いますが、そこは少しでも出るだろう年金を貯めておいて補うと仮定しておきます。


あと税金についても今回は考えないことにします


そうなると30年間で貯めておくべき資金は


15万円 × 12ヵ月 × 30年 = 5,400万円


これくらいになると思います。


5,400万・・・正直言うと予想外以上に多いです。


定年する頃には消費税も上がっているだろうからこれ以上必要な気もしますがこれくらい必要だという目安として考えます。


1年間に貯めなければならない貯蓄額は180万円で現在の貯蓄目標が150万円なので30万円の誤差。


30万円 × 30年間 = 900万円


これだけの資金が不足するというわけです。


こうやって見ると・・・まったく昇給しないわけじゃないので何とかなりそうな気もしますが、900万円というのはそれなりの額なのでやっぱり資産運用は必須になりそうだな・・・と。


後こういうのを考えるとやっぱり長生きというのはリスクが大きいですね(;^ω^)


とはいえ若いうちから生活を切り詰めて老後のために全力投球というのは何のための人生かわからなくなりそうなので、適度に自己投資や遊びに浪費しながら30代後半くらいから前半分を補うくらいの貯蓄ができたらいいなと思ってます。


まあ、その頃には結婚とかして2馬力とかになってたら嬉しいんだけど絶望的だね( ;∀;)


もちろん30代前半でも最低年間100万円はためておきたいですね!


ブログランキングに参加しています!
気まぐれでポチってね!


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

<スポンサーリンク>

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

↑このページのトップヘ