クロの日記的ななにか

平成1年生まれの普通のサラリーマンが給料と家計簿、投資などお金についてとマクロミルや楽天ポイント、dポイント等についてチマチマとメモっています。後は日常で気になったこととかかな。

トップページ お金の話題節約』 >生活レベルを下げずに手取り15万円でも生活はできる? 貯蓄ペース加速のための余剰金探し【固定費編】

このエントリーをはてなブックマークに追加

令和に入ってから手取りの話題をチラチラと目にします

最初は50万or30万、2番目は23万、そして最近は手取り15万なんだとか

次は相対的貧困に当てはまる10万くらいがくるんじゃないかなと思ってます

私自身の毎月の手取りは2番目の23万円以下で、生活が苦しいとかんじたことはありませんが、単純に年収を12分割するとそれ以上にはなるので”今は”当てはまりはしないのかな

ボーナスは景気に左右されるし企業がも出す義務があるわけじゃないのであんまり頼りすぎるのも考え物

それにこの先も昇給し続ける保証はなく、もし仮に万が一結婚して子供ができた場合、今の給料では不安しかないのも実情です。

なのである意味手取り15万で生活できるかというのは今後のことを考えると考えておくべきなのではと最近思うようになりました。

たとえ結婚しなかったとしても老後に備えてお金を貯めておくことは必須なので月々の出費が少ないに越したことはありません。

毎月の家計簿の見直し

15万円以内で生活できるのかというのは過去の家計簿を見ると手っ取り早い。

まあ、今年に入ってから15万円を下回っている月は1,2,4,7月の4ヶ月しかありません。

地方に住んでいるのでどうしようもない出費もありますが、それでも削れる場所は多いと思ってます。

具体例と7月の家計簿を載せて起きますね。
2019年7月支出
8月は長期休暇の娯楽費、9月は兄弟の結婚式で出費が膨らんでいるため除外(したい

金融資産を考えなければ大体15万以下に収まる家計簿に仕上がっています。

一般的に家計を見直す時に1番に削減の対象となるのは固定費だと言われているので今回は固定費にのみ着目してなるべく生活のレベルを下げずにどれくらい削れるかを見ていきたいと思います。

固定費の見直し

我が家の場合、固定費は『住宅費』『通信費』『電気代』『ガス・水道代』『自動車関係』が該当しそうなので1つずつ見ていきましょう。

住宅費:23,500円 ⇒ 23,500円

収入の3割だとか25%だとかに抑えなさいと言われているので、手取り15万円でも合格のライン。

社宅扱いで単身では補助が一番多く貰える方法で借りています。

自分で選んで借りることもできますが、補助が出るとはいえ現状より部屋のグレードを下げた上に家賃が上がる可能性があるので現状がベストなのでしょう

通信費:14,486円 ⇒ 13,500円

これは一般的に言って高いんじゃないだろうか・・・

ドコモを使っておりプラン見直し前なのでほぼ10,000円くらいかかっていたと思います

現在はギガホに変えて2,000円くらい安くなっています

スマホとは別に固定回線も引いておりそれも月々4,900円くらいかかっているハズ

私のネットの使い方を考えると固定回線はほぼ必須なのでこれも削れません

ギガホで月々30ギガまで使えるようになりましたが、私がPCで使うギガ数はそれを遥かに凌駕してます(;^ω^)

以前はモバイルWi-Fiを使ってましたが・・・不幸なことにうちには電波さんがあまり飛んでいなくて特定の場所に置いておかないと接続ができずたとえできたとしても結構不安定でした

格安SIMに変えれば7,000円くらいになりそうですが、お昼とかに通信速度が遅れるのは私にとってかなりのストレスなのできれば変えたくありません

あ~あとNHKの集金がない月なのでさらに+1,000円ですね

<スポンサーリンク>

電気代:3,554円 ⇒ 5,500円

元々が九州出身なので長野の夏はかなり快適で今年はエアコンは1度も付けていません

そのためこの値段ですが冬場はエアコンをつけるし水道管の凍結防止のため勝手に電気が使用されるので1年を通しての平均は5,500円くらいにはなりそうです。

ガス・水道代:5,203円 ⇒ 7,500円

ガス代だけでこの値段です。

うちは都市ガスではなくプロパンなので都市ガスの2倍くらいかかってしまいます

これに隔月の水道代を加えると平均して7,500円くらいにはなります

自動車関係:7,050円

これが一番大きな固定費です

今乗っている軽自動車の支払いが来年の6月まであるためそれまではこの支払は減らせません。

まあ、保険を見直せば多少は減らせるでしょうが残価設定型クレジットで買っているのでそこらを変更できるのかがよくわからないので現状維持。

来年の6月に完済するのでその後と仮定するとー25,500円することができます!

固定費編まとめ

見直した固定費の合計は57,050円でした!

案外少ないなと思ったけど、現状はこれに+25,500円乗っていること考えると中々苦しいですね(;^ω^)

後は家賃が半分くらいになっているのも大きいかな

この2つが両方そのまま固定費に加算されていたら10万超えてているので会社にはすこ~し感謝!

会社様様ですね!やっぱ福利厚生は大事!

まあ、世の中には家賃を全額持ってくれたり都内で5,000円なんて言う会社もあるらしいですがそこはあるだけマシだと思っていた方が精神衛生上よろしいでしょう

というわけで残り自由に使えるお金は150,000円 - 57,050円の92,950円になります。

次回は残りの流動費を見ていきます。


ブログランキングに参加しています!
気まぐれでポチってね!


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

<スポンサーリンク>

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

↑このページのトップヘ